ベテラン女性との付き合い方01

ベテラン女性

職場における付き合い方、難しいですよね。

思わぬ場所に地雷があり、踏んで炎上したり、地雷を恐れ物事が進まず悩んでいる人は多いのではないでしょうか?あなたの職場にありませんか?

こんにちは。ツクイ(tsukui7)です。

まだ答えはありません、少しづつ彼女たちを理解し共存の道を探します。

働く中高年女性は増えている。

総務省のデータを見ると労働時間こうにおける女性の構成比は昭和60年に39.7%だったものが平成28年には43.4%まで上昇しています。

そんなものか?という印象もありますが、着実に増えています。

ツクイの職場は90%が女性。パートスタッフも多く50代が就留。ちょっと偏った環境かもしれません。

事務方で優秀、転勤少ない可能性。

統計データはありません。ツクイの職場では転勤(有)と転勤(無)の雇用形態があります。

転勤(無)は地元採用の女性であるケースが大半です。

1つの職場に居続ければ、おのずと主的存在になっていきます。

新たに着任したどの上司よりも職場を理解している。職場における力を備えるのは自然なこと。

最初のボタンを掛け外した。

社内の交流会。

新卒の女の子が提案し、動いていましたが職場の「主」への相談をせずに上司の承認で動き始めました。

打ち合わせごとに反対の姿勢を示し、60歳前後のベテラン女性2名は不参加。

「最初に相談してもらえなかった」「目的が不鮮明」「ルールを見出している」が理由とのこと。

ベテラン女性(ヌシ)とはどうつき合う?

これは模索の日々です。これからも職場に残る異常、無視したり排除することはできません。

うまい付き合い方が必要。

若手が潰されないようフォローしながら、考えていこう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です