他人に何を提供できるか?

こんにちはtsukuiです。

嫌われる勇気を聴きました。

1年ほど前にKindleで読んだことがあだのですが、今の自分に必要だ!という直感でオーディオブックを追加購入しました。

オーディオブックでバシバシ心に突き刺さってくる。

アドラー心理学について哲人と青年の対話が続く物語はオーディオブックにピッタリです。騙されたと思って是非聞いてほしいです。

今日刺さった言葉

他人からの評価を気にするものは自己中

他人に何を提供できるかではなく、どう思われているか?よく思われるにはどうしたらいいか?実は周囲に合わせる気配りやのようですが、全ての思考の基準が自分中心であり、アドラー心理学では自己中心的な思考と言われます。

褒めることは上下関係の元、相手に能力が無いと言わしめている。

褒めるという行為は、前提として能力のある者から能力が劣る者になされる者である。対等な関係においては「感謝」であるべき。

なるほど、今までに考えたことのない角度から鋭さのある思考がアドラー心理学にはあると思います。

ノートを広げ何回も聞き自分なりの解釈を作りたい。

まだ半分程度しか聞いていませんが、続きはノートを広げ思考を巡らせたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です