嫌われる勇気、が無かった。

新しいセクションを持つようになり、メンバーの目を気にする機会が増えた。

どん風に見られているのか?

久しぶりに嫌われる怖さを感じた。

そんなことも学びとしておこう。

怪訝な表情のあとに、笑顔で接せられると、好きになってしまう。

1on1で話を徹底的に聞いた。

年下ということもあり、厳しい表情で率直にTsukuiに対して思っている事を吐き出された。

想定はしていたものの、割りとダメージは大きくその日はテンションが落ちた。

翌日、普段通りに会話ができた。

「嫌われてない?」と思えた時、相手を今まで以上に好意的に思っていた。

最初からいい人で通すのは損かもしれない。

遠慮しすぎた。

いい人で通すのではなく、必要に応じ厳しく接する必要があれば表情・声色にも態度を出しコミュニケーションを取る。

でも、一切引きづらない。

試して見よう。

嫌われる勇気

内容はうる覚え。今読んだら学びがあるかも。

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です