TODO管理はtodoistと0秒思考で最強になる

こんにちは。Tsukuiです。

あなたは自分のTODO管理を確率してますか?
頭で覚えていようとしても、高い確率でこぼれ落ちる。あなたにも言えることだと思います。
メモに残しておく。これほど原始的ではあるものの、仕事をする上で重要なことはありません。

自分にあった手段を見つける。方法を構築する。これで仕事の正確さはみるみる改善します。

そこで、社会人歴もそろそろ10年。2,3周回って今の方法におちついたので紹介します。

TODO管理の歴史

TODOを管理しはじめたのは13年前。2年目の浪人生活も終盤を迎えた11月頃。気持ちの焦りが出発です。

ほぼ日手帳でデビュー

浪人も2年目11月で偏差値も50前後。
何をしたらいいのか、何に祈ったらいいのか、どうしようも無かったわたしはネットで情報収集で現実を逃避していました。
その中で出会ったのが「ほぼ日刊イトイ新聞」です。
その中には分厚い出長に、小さい文字とカラフルなイラストで日々をオシャレに記録する様々な手帳と共に2006年版の発売が告知されていました。
これしかない。当時のわつぃは手帳にスガルることにしました。

手帳で大学生活は充実

2浪の大学受験もことごとく落ちて行きました。結果、2流大学に滑り込み。
「最低MARCHに行かないと2浪の看板を背負った人間は終わる」と本気で考えていた私は自然と「大学4年間を人生のリカバリ期間」と位置づけていました。

その頃であったのがこの本

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です